【腸活】腸が乱れると起きる症状とは? その3

西宮市のJR甲子園口徒歩3分の根本施術をする整体院 整体院 明価の高橋です。

今回は、腸が乱れることによって起きる弊害についてお伝えしたいと思います。

その3「肌荒れ」です。

ある論文でも、
「腸内細菌が産出したフェノール類は,吸収され血流を介して皮膚に蓄積し、表皮細胞の正常な分化に変調をきたすことで、皮膚のくすみや乾燥を引き起こすことが示唆された。」
と言われております。

つまり、腸内細菌が出した成分が皮膚に蓄積することで、皮膚の正常な入れ替わりのリズムがくずれ、肌荒れに繋がるということです。

これは、消化管で消化吸収がうまく行かないことで起こることです。

肌ばかりを気にして薬を使っていても根本原因が改善しなければ、当然、不調はすぐにやってきますし、薬もいつまでも使う羽目になってしまします。

「人間は食べたものでできている」ことを忘れずに、
食生活を見直してみては、いかがでしょうか?

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です