【膝痛】膝のお皿の上がいたいなら

西宮市のJR甲子園口徒歩3分の根本施術をする整体院 整体院 明価の高橋です。

最近、名探偵コナンをアマゾンプライムで観てます。
コナンのOP曲はどれもいいですね!

さて、今回は膝のお皿の上が痛い原因をお伝えしていきます。

それは、前回お伝えした大腿直筋の下にある筋肉、中間広筋(ちゅうかんこうきん)です。
太ももの内側を内側広筋外側を外側広筋、そして真ん中は中間広筋その表面に大腿直筋という位置付けです。

さて、お皿についてです。膝関節の一部である膝蓋骨(しつがいこつ)ですが、膝を曲げると下に移動して、膝を伸ばすと上に移動します。実際に動かしてみるとわかりますよ~!

そして、

中間広筋が硬くなると膝関節の一部であるお皿(膝蓋骨(しつがいこつ))が上に引っ張られてしまいます。

つまり、膝を曲げようとした時にうまく曲げられないということになります。
これが、痛みや動きにくさにつながります。

お皿から直上のラインの筋肉(中間広筋は大腿直筋の奥にあるので、大腿直筋を避けるようにして)を手(指)で正面から骨側に向かってまっすぐ押し込んで上から下へ少しづつポイントを変えながら行ってみてください。

ちょっと文章では伝わりにくいですね・・・

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です