【腰痛】ヘルニアのセルフケア

西宮市のJR甲子園口駅 徒歩3分 姿勢・重心調整による根本施術整体院 整体院 明価

高橋です。

今日はヘルニアのセルフケアをお伝えしたいと思います。
僕の知り合いにも、ヘルニアの診断を受けてずっとしびれを持っている方がいらっしゃいました。
30代なんですが、30からしびれと付き合っていきたくはないですね・・・

では、張り切っていきましょう。

ヘルニアは、椎間板の髄核(中にあるもの)が後ろに飛び出してしまい神経に刺激を与えてしまっていることが原因と言われています。

では、なぜ椎間板が髄核が飛び出すのかそれは、単純に腰の使いすぎなんです。

そして、腰が使いすぎになる原因は

股関節が動いていないから!なんです。

ここで、見ていただきたいのが、お尻の硬さと股関節を曲げる大腰筋・腸骨筋といった筋肉の硬さです。

今日はお尻をやっていきましょう!
お尻の筋肉をほぐしていきます。

立った状態で、お尻を触り筋肉の固いところ・痛いところを見つけてください。

そこを握りこぶしでグッとおなか側に押し当てます。
しびれが強くなるようなら、少し場所をずらしてみましょう。

押し当てたなら、その状態で、足をカエルのように横に広げながら上げ下ろしを30回ほど繰り返してください。
できる範囲で構いません。

始める前と比べて、お尻の硬さ、痛さが減っていればOKです!

ぜひ、入浴後や痛い時などにやってみてください。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【腰痛】ヘルニア