【腰痛】股関節を鍛えて腰痛を改善させる

西宮市のJR甲子園口駅 徒歩3分 慢性腰痛・脊柱管狭窄症・ヘルニア専門
根本施術整体院 整体院 明価~めいか~

高橋です。今日も元気にいきましょう!

今回は、腸腰筋についてです。
腸腰筋は、股関節の前にある筋肉で、股関節を曲げる動きに働きます。

股関節の前側には脂肪体や大腿神経などが多くあり、痛みを拾う組織が多くあります。

ちなみに、この腸腰筋がしっかり働くことで、お尻の大臀筋も働きやすくなります。

股関節を後ろに動かした時、大腿骨が前へ滑ってきます。
それを抑えるために前側の組織で補強します。

また、歩く際に腸腰筋の張力で振り子のように脚を振り出したり歩行に大変重要な働きをします。

では、この腸腰筋のトレーニング方法をお伝えしましょう!

1、仰向けに寝ます。
2、鍛えたい側の脚を膝を伸ばしたまま股関節を30度から45度あげます。
3、その状態で、左右に脚を振るように動かします。
これを20~30回ほど行います。

ポイント!脚を上げすぎると、違う筋肉が働き腸腰筋が働かない可能性があります。
なので、高さはしっかりと守って行なってくださね。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です