【腰痛】腰痛なら立ち方変えてみる

西宮市のJR甲子園口駅 徒歩3分 慢性腰痛・脊柱管狭窄症・ヘルニア専門
根本施術整体院 整体院 明価~めいか~

高橋です。今日も元気にいきましょう!

今日は、体重の乗せ方によって起きることについてです。

体重の乗せ方、つまり、体の重心がどこにあるか?ですよね。

前に乗ったり、後ろに乗ったり、外側に乗ったり、内側に乗ったり、右脚に乗ったり、左足に乗ったりと色々なパターンが考えられます。

例えば、体重を右脚に乗せてるいると右脚の内転筋(内腿)が働きます。
そして、反対側の左脚は、中臀筋(お尻・腿の外側)が働きます。

これが続き、筋肉の働きに差が出てくるとどうなるでしょうか?

筋力的な負担の違いも出てきますが、これにより起きる二次的な影響として、
体重を乗せている側の骨盤が内転筋に引っ張られて、仙腸関節が緩くなってしまうことがあります。
結果的に腰痛症状として出てくるということですね。

内転筋を緩めていくことも大切ですが、体重の乗せ方を意識するのも大事になってきます。

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です