【栄養】健康のために食べるもの8 ビタミンD・亜鉛・マグネシウム

兵庫県西宮市甲子園口の小さな整体院
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価―めいかー

好きな食べ物は肉と寿司、シンプルです。
どうもタカけんです(^^)

今回も健康を目指すために食べるべき食事についてお話ししていきます。

8つ目はビタミンD・亜鉛・マグネシウムです。

これらの栄養素は大変重要な栄養素ですが、食事では十分に摂取できない栄養素でもあります。
必要な場合さサプリメントなどで摂取することも大切です。

まずは、ビタミンDについてです。
ビタミンDは骨を強くする他、免疫増強や動脈硬化・糖尿病予防、筋力の維持、脳神経機能の維持の効果があります。
日光を浴びることで皮膚でも生産されますが、歳を重ねると皮膚での生産性が低下、さらに一般的に食事量が低下することでビタミンDが不足してしまいます。

次は亜鉛についてですが、DNAやタンパク質の合成や性ホルモンの分泌、免疫のコントロール、視力や聴力にも関わっています。
しかしながら、亜鉛は歳を重ねることとアルコールの摂取により減少することがわかっています。
これはアルコールの代謝酵素の材料に亜鉛が使われるためです。
最近では、60歳以上の約4割の人々が1日に必要な亜鉛量の半分にも満ていないと言われています。

亜鉛が不足することで、感染症やがんになりやすかったり、風邪をひきやすくなります。

最後にマグネシウムです。
マグネシウムは、成人の体内中に60%が骨、27%が筋肉に存在しており、血液中には1%しかありません。
マグネシウムは300種以上の酵素反応の補助因子であり、細胞のエネルギー源であるATP産生の補酵素であります。
マグネシウムが不足することで、足がつりやすくなったり、糖尿病・心臓血管病・骨粗鬆症・片頭痛などを引き起こします。

あまり目立たない栄養素ですが、日常でよくある症状のきっかけとなるものですので、見てみてください。

ではまた!!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○AKS療法・筋膜・筋トレ ○変形性膝関節症・
腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・肩関節周囲炎・坐骨神経痛・しびれもご相談ください

HPからのお電話・お問い合わせはこちらから
*施術中はお電話に出ることができません。
その際は折り返しお電話おかけいたします。

整体院 明価

LINE予約・限定プレゼントの受け取りはこちらから
https://lin.ee/tdffhjC

#甲子園口整体 #西宮整体
#甲子園口膝痛 #西宮膝痛
#甲子園口腰痛 #西宮腰痛
#変形性膝関節症 #膝痛 #腰痛 #脊柱管狭窄症 #椎間板ヘルニア #肩関節周囲炎 #肩こり
#自律神経痛 #頭痛 #小顔 #ダイエット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です