正しい歩き方講座1

兵庫県西宮市甲子園口の小さな整体院
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価―めいかー

どうもタカけんです(^^)
AKA博多法の進化版 関節・筋肉・神経アプローチするAKS療法ができるAKS療法士になりました。

今回は歩き方についてです。
この歩き方が正しくないと外反母趾や巻き爪などの足のトラブルが悪化してしまうのです。

では、どんな歩き方がいいのかという前に足の仕組みからお話しします。

足の体重の乗せ方として外(小指側)重心と内(親指側)重心があります。
外重心にした足は足部の回外(かいがい)と言って足より膝が外側にある状態に近づき
内重心にした足は足部の回内(かいない)と言って足より膝が内側にある状態に近づきます。

外重心では、足の骨が密着し安定感を作り出しますが、内重心では逆に骨はばらけて不安定となり衝撃が分散されます。

このことから歩く時の着地時には内側に乗り、衝撃を吸収し、片足立ちの時は外側に乗り安定して立つ仕組みになっています。歩く時には割合としては、1:9か2:8くらいでこれが繰り返されているということです。

外反母趾などになりやすい方は、常に内側を踏みしめて不安定な状態で片足立ちをしておられる方が非常に多いのです。

はい、今回は歩く際に体重の乗せる部分が効率よく変化していることについてお話ししました。
ぜひ気にしてみてください。

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○AKS療法・筋膜・筋トレ・歩行指導 ○腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛・肩痛・外反母趾ご相談ください

HPからのお電話・お問い合わせはこちらから
*施術中はお電話に出ることができません。
その際は折り返しお電話おかけいたします。

整体院 明価

LINE予約・限定プレゼントの受け取りはこちらから
https://lin.ee/tdffhjC

#甲子園口 #西宮 #腰痛 #脊柱管狭窄症 #椎間板ヘルニア #AKS療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です