正しい歩き方講座2

兵庫県西宮市甲子園口の小さな整体院
〜あなたの明日に希望と価値を〜

整体院 明価―めいかー

どうもタカけんです(^^)
脊柱管狭窄症・ヘルニアに有効な手技AKS療法ができるAKS療法士になりました。

今回は歩き方講座2回目。歩き方についてお話ししていきたいと思います。

歩き方において一般的な足裏の流れは、かかと→小指側後ろから前→親指側前に抜けていきます。
この動き自体はロッカー機能という足の機能が自動的に働くことで無理に意識することなく働きます。

外反母趾や内反小趾になりやすい方はこの最後の部分で、指で地面を蹴り上げるような力を入れてしまう方が多いです。つまり、本来歩くために必要なエネルギー以上の労力を常に指に課しているわけなんですね。

これでは、足指の負担は常に増える一方です。
この歩き方をされている方は、大股で歩こうとしたり、早歩きをしようとしたりと、前に前に行こうとするエネルギーを生み出しすぎているので例えるなら、足の指だけ走っている状態です。体は早歩きのスピードなので当然、足と体には差が生まれて、その差分のブレーキがかかります。(エネルギーの無駄使いなので走るなら走った方が良いということ)
これが常にかかるのです。常に競歩状態です。

では、どうしたらいいか?大股早歩きをやめて足指の力を抜くことです。
足の指側に乗らず、かかと側に乗ることを意識して股関節から歩く意識をすると良いでしょう。
次回はこの股関節を意識する方法をお伝えしていきますね。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ・歩行指導 ○腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛・肩痛・外反母趾・浮き指ご相談ください

HPからのお電話・お問い合わせはこちらから
*施術中はお電話に出ることができません。
その際は折り返しお電話おかけいたします。

整体院 明価

LINE予約・限定プレゼントの受け取りはこちらから
https://lin.ee/tdffhjC

#甲子園口 #西宮 #腰痛 #脊柱管狭窄症 #椎間板ヘルニア #AKS療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

正しい歩き方講座1

次の記事

正しい歩き方講座3