正しい歩き方講座10

兵庫県西宮市甲子園口の小さな整体院
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価―めいかー

どうもタカけんです(^^)
最近、出会う人がどんどん増えています。

さて、負担の少ない本来の歩き方を取り戻すために必要なこととして股関節で歩けるようになるために何が必要かと言う話をしました。

股関節を動かす腸腰筋へ
1「神経が命令を出せるようにすること」と
2「筋肉が正しく動かせること」そして
3「その筋肉が十分にあること」です。

今日はその2です。
そのためには、腸腰筋を使っていることをあなた自身が認知する必要があります。
腸腰筋は股関節を曲げる動きとあぐらをかくような動きをすることができます。

この動きをご自身で意識してできると無駄に膝の筋肉や腰の筋肉を使わずに腸腰筋だけを使って動くことができます。
練習のポイントとしては、股関節を曲げる動きやこのあぐらをかくような動きを実際に繰り返し行い力の入り方を確認することです。あぐらの動きは難しいので、曲げる動きの方がやりやすいと思います。
腸腰筋(腸骨筋+大腰筋)の確認としては、この腸骨筋を確認します。
骨盤のいわゆる腰骨に出っ張る骨があります。ここから指1本内側の奥にある筋肉が腸骨筋です。
(股関節を曲げてそこが動けば腸骨筋です)
曲げる際にそこを触りながら動かす。目で見ながら動かす。この2つが力の入り方を理解する近道です。

やってみてください。
ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ・歩行指導 ○腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛・肩痛・外反母趾・浮き指ご相談ください

HPからのお電話・お問い合わせはこちらから
*施術中はお電話に出ることができません。
その際は折り返しお電話おかけいたします。

整体院 明価

LINE予約・限定プレゼントの受け取りはこちらから
https://lin.ee/tdffhjC

#甲子園口 #西宮 #腰痛 #脊柱管狭窄症 #椎間板ヘルニア #AKS療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

正しい歩き方講座9

次の記事

正しい歩き方講座11