外反母趾はテーピングで良くなるのか1

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)
今日は、外反母趾はテーピングで良くなるのかということについてお話ししていきます。

結論、良くなるどころか悪化します。というのが、私の答えです。

巷で良くある外反母趾の治療法として、親指の指先が内に曲がったから指先の方向を外に向けようとすることが多いです。そして、テーピングはテープの力で同様に外に指を引っ張ることで内に曲がらないようにするのですが、
その時、足の骨組みは横に広がる動きになります。

ここで、外反母趾の原因について説明すると、足の骨組みがベタッと横に広がることで、親指の付け根が外に出たことで、親指が内に向くことが原因です。

ここで、先ほどのテーピングによる治療法が外反母趾の原因を作っていることにお気づきでしょうか?

テーピングに限らず、指を広げる動きは外反母趾改善には不要なものです。
やらないようにしてください。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○歩行指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。