外反母趾はテーピングで良くなるのか2

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

テーピングは外反母趾改善に良くない理由は前回の理由だけでなく他にもあります。

そもそも外反母趾は立ち方・歩き方の悪い癖からなる生活習慣病です。
テーピングによる固定はその習慣を無理やり作り出そうとするものですが、そこには弊害があります。

足は歩く際に土踏まずができる状態(安定する足)と土踏まずが潰れる状態(衝撃吸収できる足)の2つの形を繰り返します。2つ目の「土踏まずが潰れる状態」の足は、着地時の衝撃吸収時のみに使われます。

テーピングでは、1つ目の「土踏まずができる状態」をキープで着るように固定することで、外反母趾を改善しようとするのですが、テープで固定されたため、2つ目の動きが制限されてしまい「土踏まずが潰れる状態」を作れず、着地時の衝撃吸収ができなくなってしまいます。
これにより、着地時のダメージは足、ひざ、腰へと伝わっていきます。
これが、テーピングが良くない理由です。そして、テーピングを外したあとも、この衝撃吸収の足の動きが身につかず悪い習慣がつきやすくなるのも問題点の1つです。

外反母趾施術においてテーピングを用いずに正しい歩き方を身につけて一生、足トラブルに困らない体をつくりましょう。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○歩行指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3 グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。