立つ時の正しい重心位置は?

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)
今日は、立つ際の重心の位置にお伝えしていきます。

立つ際にふらつくから指を曲げて安定させようとしていませんか?
それでは、いつまでも安定した足は手に入れられませんよ。なぜなら・・・

体の真下にあるのは「かかと」だから、かかとに乗るとまっすぐ立てて安定するからです。
このかかとの特に外側に乗ると足の骨はキュッと集まって安定しやすくなります。
ラグビーでスクラム(肩組む)みたいにがっちりするんですね。

逆につま先に乗ると骨はばらけて安定しにくくなります。
つまり足の指を握って安定させようとすると骨がばらけてより安定しにくくなるということです。

さらに、足より上はどうでしょうか?
体の下にかかとがあるからかかとに乗るとまっすぐなれますが、
つま先は明らかに体の真下ではなく前にありますよね?
そうなんです。つま先に乗ると、体は傾きます。
無駄な力が全身で使われ始めるんですね。
反り腰や猫背・ストレートネックの始まりですね。

立つときはかかとに乗るようにしてみてください。
ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。