爪先立ちは外反母趾を悪化させる

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

本日は 爪先立ちは外反母趾を悪化させる ということについてお話ししていきます。
みなさんは、爪先立ち=かかと上げ運動をやったことはありますか?
ふくらはぎが鍛えられて健康的になれると言われているあの運動です。

しかし、このかかとを上げた姿勢何かに似ていませんか?そうです。
ハイヒールを履いた姿勢です。つまり、指先への負担が大きいということです。

外反母趾の原因は、オーバープロネーションという土踏まずが潰れるような足の状態なのですが、この
動き(内側重心)は、つま先重心になった際に起こりやすいのです。

結果的に爪先立ちやかかと上げ運動をすることで、前重心のくせや足指へ負担がかかるため外反母趾になります。
ここで、もう一つ知っていてほしいことは、足指の筋力が弱くなっているから外反母趾になったのではないということです。このあたりは今後お話ししていきますね。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。