外反母趾を悪化させる!やってはいけない行動

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

足の指を広げる運動はしてはいけない。というお話です。
外反母趾の治療法とし足の指を離すように広げたら良いということを聞いたことはありませんか?

実はそれは大きな誤解です!
今すぐやめてください。

確かに、親指が人指し指側に向いていて、ぶつかっているので、引き離したらいいのではないか。と思われるかも知れませんが、足の構造から見るとそれは、外反母趾を悪化させている行為なのです。

なぜなら、外反母趾とは足の骨の間隔が広がったことにより親指が内を向いてしまった状態なのです。
つまり、足の骨の間隔が広がらなければ、親指は変形しなかったとも言えますよね。

では、この指を広げるという行為は、足の骨の間隔を広げる行為か狭める行為か?
なんとなく広げる感じがしませんか?

そう思われた方は正解です。
そうなんです、足の指を広げると足の骨同士は離れてしまい、外反母趾になりやすい環境を作ってしまうのです。
なので、外反母趾だからとむやみに足指を広げてはいけませんよ。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

外反母趾とはどんなものか

次の記事

男性の外反母趾について