テーピングでは足が良くならない理由

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

テーピングでは足が良くならない理由についてです。
歩く際に足の骨同士は密着したり、離れたりする必要があります。
これは、密着することで足が安定し、離れることで着地時の衝撃を吸収することができます。

外反母趾の改善のためにテーピングをする方法がありますが、これは、安定する足を維持するように固定することが多いのですが、それをすることで足は安定するため力が入りやすくなります。
しかしながら、衝撃吸収のために骨同士が広がることができないため、着地時の衝撃を全て受けてしまいます。

つまり、足にとってこの骨同士の「密着」と「離れる」ことは両方とも必要な動きであるということです。
そのため、テーピングで固定し自由に足の骨が動かせないことは足にとってデメリットが大きいのです。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導・AKS療法・関節・筋膜リリース・神経・筋トレ○外反母趾・内反小趾・魚の目・タコ・浮き指・巻き爪・扁平足・モートン病・腰痛・脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア・すべり症・坐骨神経痛・膝痛ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3 グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。