外反母趾に5本指の靴下はいけない理由

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

今日は、外反母趾に5本指の靴下はいけない理由についてです。

外反母趾の治療として5本指の靴下が良いと言われていますが、実際のところはいかがでしょうか?

外反母趾が起きる原因は扁平足のようにべちゃっと潰れることで足の骨がばらけて、広がってしまうことが原因です。
つまり、外反母趾は親指の指先が内に入ってくるのではなく、親指の付け根が広がったことで、指先が内を向いてしまう症状なのです。

そうなると、足の骨が広がるような行動は外反母趾の発生を助けることになりますが、5本指の靴下はいかがでしょうか?
それぞれの指の隙間に布が入ることによって指の間隔が広がるようになっております。
つまり、足の骨はそれに伴い広がりやすくなっていると言わざるを得ません。

結果として、5本指の靴下は外反母趾の発生を助けているのです。

たまに指が重なってしまうから5本指の靴下を履いていると言われる方がいますが、一生5本指を吐き続けるなら1つの手かもしれませんが、靴下が手放せなくなるのは目に見えています。
例えるなら、コルセットやサポーターを常にしながら生活するようなものです。
この事実を知った上で、自分の今後を考えてみてください。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3 グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。