足のむくみをとるための歩き方

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

足のむくみをとるための歩き方についてお話ししていきます。

そもそも足のむくみが起きるのは、足のふくらはぎを使いすぎることで、血液を下から上にあげるポンプの役割をする筋肉が正常に働かず、血液(水分)が下に溜まっていくからです。

ふくらはぎが柔軟に動くことは血液循環の観点から見ても重要なのです。

では、どうすればむくまなくて済むのか?それは、ふくらはぎをあまり使わない歩き方をするということです。

立つ時、歩く時に前傾・つま先に体重を乗せる歩き方をすると体が前に倒れないように太ももやふくらはぎで支えます。
さらに歩く際に足で地面を蹴ったりするとより、ふくらはぎを使うことになります。

・立つ時、歩く際に重心を後ろに乗せること
・足で地面を蹴らないこと

むくみが気になる方は、これらを意識して歩いてみてください。
ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。