脚の外側が痛くなる場合

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

脚の外側が痛くなる。それは、太ももの外側に着く大腿筋膜張筋を使いすぎている可能性があります。
これは、1つに股関節を曲げる大腰筋が使えていないため筋膜張筋が代わりに働くからです。

この際、筋膜張筋を緩めて休ませることが1つの対処ですが、そもそも使えていない大腰筋を使えるようになることが一番です。
そもそも、大腿筋膜張筋が痛くなるのは、大腰筋が日常生活でしっかりと使えていないことが問題だからです。

では、どうするか?
手っ取り早いのは、立った状態での足踏み運動です。
この時のポイントは真上にあげること・股関節以外の力を抜くことです。

股関節の付け根だけを意識して動かしましょう。
ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。