歩く時に地面を蹴ると足が悪くなる理由

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

歩く時に地面を蹴ると足が悪くなる理由についてお話しします。

脚で地面を蹴るとなぜ足が悪くなるのか?

それは、地面を蹴ると膝が伸び、さらに体が前方に押し出されるからです。

足で地面を蹴ることで指に負担がかかります。
これは、歩くことに関して不要な負担です。
なぜなら、足で地面を蹴ると前に進む力が生まれますが、歩く行動にはその生まれた力を全て使い切るほどのエネルギー消費はありません。つまり、生まれたエネルギーを打ち消すためのエネルギーを生まなければいけなくなります。
これが指だけでなく、脚の負担にも繋がります。

さらに、足で地面を蹴った結果、体が前に押し出されると、より重心は前方に乗るため足は安定しにくくなり、不要なエネルギーを使うことにつながります。

この足で、地面を蹴る動きである。
特に早歩きや大股歩きはこれらを引き起こしやすいため、注意してください。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

浮き指について

次の記事

当院の施術の考え方