外反母趾手術は最後の砦になりうるのか

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

今日は、外反母趾手術は最後の砦になりうるのかについて話していきます。

結論、なりません。と言うのが僕の答えなのですが、
それは、外反母趾を発生させる根本原因が改善していないことが原因です。

外反母趾は親指のつま先がうちに向いてくる病態ではなく、
親指の付け根が外に広がることで、つま先が内側に向いてしまう病態です。
つまり、親指の付け根が広がらなければ、そもそも外反母趾にはなりません。

それに対して、外反母趾手術は、内側を向いた親指を切断し、まっすぐ付け直すというものです。

親指の付け根に関して全く触れていないのですから、また、付け根が広がると指がうちに入ってきます。

なので、手術は根本改善にはならないと言え流のです。

では、なぜ、付け根が広がるのか?これは立ち方、歩き方の問題により起こるため、そこを改善することが根本改善の近道と言えるでしょう。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

靴選びのポイント