歩く時に下を向くと余計にふらつく理由

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

歩く時に下を向くと余計にふらつく理由についてお話ししていきます。
足元がフラフラすると、つい足元を見て確認したくなると思います。

しかしながら、下を向くと余計にフラフラしたり、無駄な指の力などで支えようとしたりします。

そんな無駄な力を抜いて楽に立つためには、筋肉でなく、骨で立つことが重要です。
骨で立つためには足の骨同士が密着する状態にする必要があります。
それには、かかとの外側に体重を乗せること。

この体重を乗せる部分により足の骨による安定感が変わってきます。

かかとに乗ると骨は安定しますが、逆に、つま先に乗ると骨は不安定になります。
そして、足元を見る動きは、頭が前に出るため足のつま先に体重が乗りやすくなる状況です。

そのため、無意識に足元を見る習慣は足の骨同士を不安定にさせることにつながってしまうのです。
歩く時は前を向いて歩いてくださいね。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。