脊柱管狭窄症とは

兵庫県西宮市甲子園口
外反母趾・慢性腰痛専門
〜あなたの明日に希望と価値を〜
整体院 明価 〜めいか〜

どうもタカけんです(^^)

今日からは歩き方や足トラブルの話ではなく、慢性腰痛について教科書にのっとって説明もしていきたいと思います。

今日は、THE腰痛といえば「脊柱管狭窄症」について話していきたいと思います。
脊柱管狭窄症とは、背骨の骨と骨の間にある椎間板と関節の異常により神経の通り道である脊柱管などが狭くなることで、痛みなどの症状が出る病態です。

時に、歩くときや立っている時間が長いと症状が強くなり、しゃがんだり、前かがみなどで症状が軽くなる場合が多いです。

これは、先ほど出てきた神経の通り道である脊柱管などが、背中を丸めることで広がるためです。

この症状に対する方法として、背中が丸くなってしまったことによって起きる股関節や前太ももの筋肉の硬さを緩めていき腹筋がしっかりと使える状態になることです。

また、背中の下〜腰あたりの筋肉(多裂筋)が使いすぎて硬くなることで、背中を反るような形になるため、脊柱管狭窄症の症状が出ることがあります。

筋肉の硬さ、それにより骨が引っ張られることで、症状が出ることが多いため、しっかり硬さを取っていく必要があります。

ではまた!

〜めいか の特徴〜
○完全予約制・完全個室・夜まで営業 ○根本施術整体院 ○ゆるかかと歩き指導 AKS療法 筋膜リリース 筋トレ○外反母趾 内反小趾 魚の目 タコ 浮き指 巻き爪 扁平足 モートン病 腰痛 脊柱管狭窄症 腰椎椎間板ヘルニア 腰椎すべり症 坐骨神経痛 ぎっくり腰 ご相談ください

兵庫県西宮市甲子園口3丁目3-3グリュックY101号室 整体院 明価

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。